小説の書き方NAVI TOP → 小説を書くために とにかく毎日書く

とにかく毎日書く

小説を書くのが上手くなりたかったら、とにかく書くしかありません。それも一週間に一度、といわず毎日書くことが重要となってくるのです。

もちろん、量も大切な要素です。とにかく書いて、書きまくることにより、小説を書くコツを掴むことができ、自身のスキルアップに繋がるのです。

理想論となりますが、できることならば毎日一定以上のノルマを自分に課し、そのノルマを絶対に守るというのが一番上達に近づく道でしょう。

しかし、ノルマを継続して守るというのはそう容易いことではありません。特に社会人の方は、日々の忙しさから小説を書く時間すらないという状況も多々あるでしょう。

毎日続けて書くには、あまり厳しいノルマを設定するのは辞めておいた方が無難でしょう。モチベーションが低下しているときなど、ノルマをこなそうとするだけでうんざりしてきます。小説そのものが嫌になり、継続どころか筆をとるのも嫌となる可能性が高まってしまうのです!

継続するには自分のペースが大切です。決して無理することなく書き続けることが、上達の道標になるでしょう。そのために私がおすすめしたいのは、毎日最低一行は書くということです。一行ならば一分もかからずに書き終えることができますし、どんなに時間がなくても書くという行為を続けられるからです。

たった一行ですが、書くのと書かないとでは大きな差が生じます。壮大な旅も、小さな一歩から始まるのです。

小説を書くために

札幌でピアノ調律、中古ピアノ買取販売なら札幌市の井上ピアノ
http://www.piano-inoue.com/

札幌でピアノ調律、http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/
http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/