小説の書き方NAVI TOP → 小説を書くために キャラに特徴的な語尾をつけてみる

キャラに特徴的な語尾をつけてみる

語尾とは、台詞の最後につく、キャラ独特の言い回しのことを指します。

最近では、語尾があるキャラが非常に増えています。語尾のメリットは、そのキャラクターの特徴が分かりやすいというだけではなく、上手く使えば魅力あるキャラに仕立て上げることができる点でしょう。

どんな語尾がいいのか?と質問されたとするならば、ケースバイケースであるとしか答えようがありません。例えば、坊主頭の熱血男子高校生が、いつも語尾に「ですぅ」とつけていたら、違和感が残りますし、よく分からないキャラになってしまいます。しかし、上手くいけば、かなり特徴的なキャラになるでしょう。

「お前って本当にバカ」
「お前って本当に救いようのないバカですぅ」


上の文章は、語尾をつけていない台詞とつけている台詞です。前者の台詞は、どことなくそっけない感じに見えます。一方後者は、語尾をつけることによって、人間らしさというのでしょうか。キャラの特徴が、見えています。

どちらがいいかと問われれば、人により意見は違うでしょう。「いちいち語尾に『ですぅ』をつけるキャラなんて好きじゃない、普通に喋ってほしい」という人もいるでしょうし、そこのところが難しいところであります。

しかし、キャラを目立たせるには語尾は非常に有効な方法なのです。魅力的で斬新な語尾を使用することができれば、そのキャラの魅力は一層増すことができるでしょう。

小説を書くために