小説の書き方NAVI TOP → 小説を書くために 魅力あるキャラを書く

魅力あるキャラを書く

小説に大切なのはなんでしょうか?

もちろん、ストーリーも大切な要素です。しかし、小説を彩るのは実はキャラクターなのです。極論ですが、小説の登場人物がこの上なく魅力的であったら、別のストーリーでも面白く感じることができるのです。

魅力あるキャラの書き方。これは、プロの方も頭を悩ませる要因の一つでしょう。どのようなキャラが魅力的なのか、プロは独自に研究し、少しでも魅力的にしようと努力しているのです。

もし、インパクトの強いキャラを書きたい場合は、『!』を多用するのもいいかもしれません。

「この!コーヒーは!相変わらず!美味いねぇ!!」
「このコーヒーは相変わらず美味いねぇ」


前者は!を多用した台詞で、後者は普通の台詞です。どちらがインパクトが強いかといえば、前者の方が目につきやすいでしょう。熱血的なキャラを書きたい場合は、とにかく言葉を力強くするといいかもしれません。

しかし、あまりに!を多用しすぎると見づらくなって、そのキャラがうっとうしく感じてしまう可能性もあります。そこが小説家の腕の見せどころで、特徴を長所にするか短所にしてしまうかは、あなた次第なのです。

例えばこの文章が『!』ばっかりであったらどうでしょうか?とても暑苦しく読みにくい文章になってしまいます。

読者の読みやすさに気を使い!はアクセント程度に留めておくのが無難でしょう。台詞以外に!ばかりを使用してはいけません。

小説を書くために

ドレスレンタル
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/

抱っこ紐
抱っこ紐・おんぶ紐ならオシャレでとても機能的なsun&beach!