小説の書き方NAVI TOP → 小説を書くために 三点リーダー

三点リーダー

では、小説で守らなければいけない事柄とは一体どのようなものでしょうか。

まず、三点リーダーと呼ばれる物は、偶数でなくてはいけないというルールがあります。三点リーダーとは『…』のことを指し、これを使用する際は『……』と、必ず偶数で使用します。

これは基礎中の基礎でありますが、意外とこの事実を知らないで小説を書いている初心者が多く存在します。小説を見て初心者かどうか見分けるのは簡単です。基本が守られているかいないかで、小説のことについてしっかり勉強しているか否かが分かります。三点リーダーの法則をガン無視していたとしたら、その人は基本についてまだよく理解していないのでしょう。

どうして、わざわざ三点リーダーを偶数にしなくてはいけなのか?俺はそんなルールに縛られたくはない!という人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ルールはルールなのです。サッカーでフィールドプレイヤーが手を使ってはいけないように、小説では三点リーダーは偶数で使用しなくてはいけないのです。中にはプロで三点リーダーの基礎を知っており、わざとそのルールを破る筆者も存在します。

何故破るのかは、人によって理由は違いますが、一つだけ言えることができます。それは、基礎を知っておりそれをあえて破るのと、基礎を全く知らない状態なのとは全く異なるということです。

公募に応募するときは、三点リーダーの使い方を十分にチェックされることでしょう。

小説を書くために

筆耕 弔辞
筆耕の弔辞なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!

ベナンバックス
ベナンバックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.rakuten.ne.jp/gold/dpris/
ポスター印刷

リバティ ラミネート
http://item.rakuten.co.jp/auc-syugeiyasan/c/0000000120/