小説の書き方NAVI TOP → 小説を書くために 基本を守る

基本を守る

小説にも書くための基本は存在します。プロを志すのならば、基本を覚えることは必須条件と言えるでしょう。

小説の基本は、色々種類があり、それらを守って初めて小説になるのです。例えば、台詞を書くときには「」で文章を囲む。心情心理を表したいときは、()を使うなど、まず基本的な事柄を覚えなければいけません。

何故基本が大切なのか?サッカーを例に考えてみましょう。

サッカーの有名選手、例えばロナウジーニョの魅力とはなんでしょうか。大抵の人は、リフティングの上手さや、ボールコントロールの良さを筆頭にあげると思います。

そう、ロナウジーニョは技術があるのです。その技術は、基本なくしては成り立たないものであり、基本をしっかり身につけているからこそ、あのような素晴らしいプレーが展開できるのです。

小説でも同じことができます。ほとんどのプロは基本を軸に、そこからオリジナリティを生み出していきます。基本を全く守らないで、好き勝手に書く小説は小説とは言えません。何事も基本から始まり、そこから発展していくのです。

車が動くのはタイヤがついているからです。人間に車輪という概念がなければ、車は生まれなかったでしょう。丸いものは転がるという基礎知識があるので、後の発展に繋がっていき、車という素晴らしい商品が生まれたのです。

基本なくして発展はあり得ません。まず、基本をしっかり身につけるのをお勧めします。

小説を書くために

ヘキストラスチノン
ヘキストラスチノンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!