小説の書き方NAVI TOP → 小説を上手く書けるようにするために パソコンで書く

パソコンで書く

今主流になっているのは、パソコンでの執筆でしょう。ワープロが生まれ、パソコンが台等してからは、すっかり手書きで小説を書くという行為が寂びれついてしまいました。

時代の流れでしょうか。パソコンで書くと確かに、修正もしやすく、文字を打つスピードも手書きと比べて速いものです。若者のほとんどが、パソコンで小説を書いています。新しい時代の執筆方法は、パソコンで書くということに異論を唱える人は少ないでしょう。

パソコンで書くメリットは、読みやすい原稿をつくりあげることができる点にあります。例えば、字が汚い人が手書きで小説を書くと、とても読みづらくなってしまいます。修正後がたくさんあったりすると、それだけで読む意欲が削がれてしまいます。しかし、パソコン原稿は、そんなことは関係ありません。

いくら字が汚くても、全く関係ありません。昔は丁寧な字で原稿用紙に文字を書く、というのが重視されたのですが、今はパソコンのお陰で字の綺麗、汚いを気にせずに執筆することができます。

データーを残しておけるというのも大きなメリットでしょう。バックアップをとってしっかり保存しておけば、いつでも印刷できるのです。将来、自分の実力が今以上に伸びたとき、昔書いた小説を書きなおし、受賞を狙うということもできるのです。

現在、ほとんどの公募原稿がパソコンで作られた原稿となっております。手書き原稿は読みづらく、パソコン原稿の方が公募には有利に働くということを、覚えておいて損はないでしょう。

小説を上手く書けるようにするために

介護のベッド
http://www.rakuten.co.jp/auc-okasei/

オーダーカーテン 東京
http://www.monreve-japan.jp/