小説の書き方NAVI TOP → 小説を上手く書けるようにするために 手書き原稿

手書き原稿

小説の執筆も時代と共に、変貌を成しております。昔はもちろん手書きでした、芥川龍之介、夏目漱石など偉大な作者たちはみな手書きで小説を書いていたのです。

今、手書きの作者はほとんどいません。特に若い世代の作者ほどパソコンで小説を書く傾向があります。決してそれは悪いことではありません、しかし、手書きは手書きの利点、パソコンはパソコンで書くメリットがあることを、是非知っておいて頂きたいのです。

手書きで小説を書くのは非常にめんどうなものです。間違ったら消しゴムで文字を消さなくてはいけない、万年筆で執筆していた場合、修正液を塗らなければならず、パソコンで書くより多くの労力を必要とします。

もし、ストーリーを変更したいと思った場合、手書き原稿では修正がかなり面倒というのもデメリットの一つでしょう。また新しく書きなおさなくてはいけません。

では、手書き原稿の良さとはなんでしょうか?それは、執筆の楽しさを直接受け止められる点にあるでしょう。

自分の手で文字を書き、文章を作り、ストーリーを完成させる……。これらを全て手書きで行った場合、とても大変です。ですが、大変ゆえに出来上がった原稿には非常に大きな愛着がわきますし、自身のレベルアップにも繋がるのです。

手を動かすと脳が活発化されるので、執筆が進みやすいという意見も存在します。それは正しいかもしれません。手書きは面倒ですが、アイディアが湧きやすい書き方ともいえるのです!

小説を上手く書けるようにするために

ナースサンダル
ナースサンダルならユニフォーム専門店 e-UNIFORMがオススメ!

http://www.dgachn.org/
レンタカー 鹿児島空港ならこちら

ディレグラ
ディレグラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!