小説の書き方NAVI TOP → 小説を上手く書けるようにするために 執筆に適した食べ物

執筆に適した食べ物

小説を書くには、頭を使います。ストーリーを練るのに頭をひねり、気の効いた文章を作るのに頭を駆使します。

そんなとき、執筆の手助けとなるのは甘いものでしょう。甘いものは頭の働きを良くする、というのはよく知られている事実です。これを生かさない手はありません!

執筆しながら、お菓子を摘まむというのは、昔の文豪もよくやっていたことなのです。かの有名な夏目漱石は、甘い甘いジャムをなめながら小説を執筆していたという実績があります。

甘いものであれば基本、何でも構いません。私がお勧めするのは、飴でしょうか。飴ならばパソコンや、原稿用紙を汚さないですみますし、長時間口に含んでいることになるので、糖分が吸収されやすいのです。

安さ、お手軽さでいえばチョコレートもお勧めです。最近ではチョコレートがかなり安くなっており、百円で一袋のチョコレートが買える時代になってまいりました。チョコレートを舐めながら、執筆をするというのもなかなか、おつなものではないでしょうか。

眠気覚ましにはコーヒーが有効です。コーヒーを飲むことによって、カフェインの効果が働き眠気覚ましにもなります。しかもこのカフェインは興奮作用も含まれているので、小説を書き進めるのに適している飲み物なのです。

気をつけなくてはならないのは、菓子のとり過ぎで太ってしまうことです。時々運動をし、太らないように心がけましょう。

小説を上手く書けるようにするために

歯科衛生士採用ページ 。岐阜市北島 りお歯科クリニック
http://www.rio-dc.com/sd/eiseishi

パナルジン
パナルジンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!