小説の書き方NAVI TOP → 小説を上手く書けるようにするために 自分に自信をなくしてしまったら

自分に自信をなくしてしまったら

小説を書いていると、自信がなくなるときもあることでしょう。それは他人の小説と比べて、自分はどうして文章力がないのだろう。と、自身を卑下してしまうのは、小説を書いている人にとって、一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

酷くなると、自信をすっかり失ってしまって続きを書くのも嫌になってしまいます。こんなつまらない小説、書く意味がないと思ってしまうのです。

もし、マイナス思考になってしまったら考え方を変えてみてください。下手かどうかは考えなくていいのです、下手であろうと上手かろうと、今書いている文章はあなたにしか書けない文章なのです。それは、未来のあなたでも、過去のあなたでも書けない文章です。今の自分にしか書けない文章を、今書かずしていつ書くというのでしょう?

自分にしか書けない、それだけで価値があります。下手すぎて嫌になると思うのならば、尚更書き続けるべきでしょう。今のあなたが未来のあなたを作り出すのです。真剣に書き続けることによって文章力は上がります、これは絶対です。

自分に自信を無くしているときは、変な言い方ですがチャンスともいえるでしょう。自分を成長させるチャンスなのです。自信をなくすということは、自己評価が低いので伸びる余地があるということなのです。自分が世界で一番上手い!と思って満足してしまったら、成長の余地がなくなってしまうのですから。

小説を上手く書けるようにするために

中古iphone携帯買取東京
http://mobileone.co.jp/

ナースサンダル 黒
黒のナースサンダルなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!