小説の書き方NAVI TOP → 小説家についての基礎知識 書くことの習慣をつける

書くことの習慣をつける

習慣というのはとても大切なことです。人は習慣により束縛されてしまう場合もありますが、習慣を上手く利用することができれば自分自身の力を向上させるのにこれほど適したものはないのです。

小説を書き続ける習慣、それを身につけたいのならば、とにかく毎日書くことです。毎日小説を書き、自分の手で書き続ける習慣を身につけなければいけないのです。

小説を書くことの習慣は、プロならばほとんどの人が持っている習慣です。習慣というと語弊が生じるかもしれませんが、小説を継続して書くことができるというのは、一種の才能なのです。書き続けることができた時点で、あなたには小説家に大切な才能を、一つ身につけているといっても言い過ぎではないでしょう。それほど継続力は大きいのです。

書く。書きましょう。書かなければいけない。そう、書かなければいけないのです。書き続けることによって、出版社が指定した栄光の椅子、新人大賞という輝かしい場にたどり着くことができるのです!

一行でもいいから書く、というのは、小説を書くことを継続せる習慣作りに非常に役立つものです。一行書くことを毎日続けていれば、そのうち必ずもっと多い量の文章を書くことができます。書きたくなります、これは絶対です。

書きたくなる、やる気を出すというのが一番大切なのですが、モチベーションコントロールはそう簡単にできるものではありません。やる気がないときは、とにかく一行だけでも書いて、習慣の維持に努めるのがいいでしょう。

小説家についての基礎知識

ペット火葬 昭島 立川 あきる野
について