小説の書き方NAVI TOP → 小説家についての基礎知識 書き続けるためにはどうしたらいいのか?

書き続けるためにはどうしたらいいのか?

書き続ける才能が大事と、主張させていただきましたが、では書き続けるにはどうしたらいいのでしょうか?

小説を書き続けていくためには、小説を書くのが好きでなければいけません。単純なようですが、小説が書くのが好きという気持ちがないと、小説家として生きていくことはできないでしょう。

どんなに時間がなくても、僅かな休憩時間を利用し、小説を書き続ける。睡眠時間を削ってでも、書く時間を確保する。これくらいの心意気がなければ、プロの道は開かれないと言えるでしょう。

では、世にたくさんいる小説家志望が、皆高い意識を持って日頃から過ごしているかといえば、必ずしもそうは言えません。このように高いモチベーションを保ち続けて、続けていけるのは極僅かです。つまり、毎日書き続けることができるのならば、プロになる資格が十分あるということなのです。

たった一行でもいいのです。たった一行、いくらやる気のない日だとしても、たった一行書くか書かないかによって、小説の実力が大きく変動します。

もちろん、理想なのは毎日継続して、一定のペースで書き続けることです。しかし、そんなことはなかなかできません。どうしてもやる気が起こらないときは誰だって存在します。そんなときは、一行でいいので書いてください。原稿用紙一枚書けとはいいません。一行ならばどんなに時間がなくても、やる気がなくても書けるはずです。

小説家についての基礎知識

サイモグロブリン
サイモグロブリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!