小説の書き方NAVI TOP → 小説家についての基礎知識 小説家になるための才能とは

小説家になるための才能とは

世の中には才能というものが存在します。その道のプロになるには、それなりの素質を秘めており、なおかつ努力しなければ大成しないというのは一般的なことです。

では、小説家の才能とはどういうものでしょうか?これは人により意見が分かれますが、私が思うに、一番の才能は『書き続ける才能』であると、定義づけております。

もちろん、ストーリーの独創性や、キャラの魅力を引き立てる文章力。破綻しない文章作りなど、さまざまな要素がありますが、一番重要なのは書き続ける力であるとはっきりいえるのです。

書き続けるだけなら誰でもできる!と考える方も中にはいらっしゃるかもしれません。しかし、小説というものは書き続けることが一番大変なのです。

いつ、ネタが思いつかなくなるか。話の構成がまとまらなく、小説を書きたくなくなってしまう。こんなことは日常茶飯事に起こります、それでも!書き続けなければいけないのです。

一万時間の法則をご存知でしょうか?これは、その道のプロフェッショナルというレベルに到達するには、一万時間もの時間をかけなければいけないという意味です。

小説家の世界にも当てはまるのではないでしょうか?文章というものは、経験が特に物を言うものです。日ごろから小説を書いている人と、普段から小説を書いてない人とでは、大きな差が生じます。書き続けて実力を上げていけることが、最大の才能なのです。

小説家についての基礎知識

犬と泊まれる宿 那須
犬と泊まれる宿を那須でなら那須の本格的な英国カントリー風の宿【ラピステ】で!

コンプラビン
コンプラビンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ノベルティ
ノベルティ景品など

ヘッダー付き袋印刷OPPテープ付き袋 規格袋
http://www.sideseal.jp/