小説の書き方NAVI TOP → 小説家についての基礎知識 小説家で生活していけるのか?

小説家で生活していけるのか?

専業で食べていくには、大変厳しいものであるといえるでしょう。

小説家は安定した収入から無縁の存在です。小説一本で食べていきたければ、毎年売れる作品をつくりあげ、コンスタントに小説を書き続けなければいけません。

実はこれが、一番難しい要素であり、あまりのプレッシャーや読者の厳しい批評に小説が書けなくなってしまったり、小説家で生きていくことを断念する人が多数存在することも事実です。

しかしご安心ください。専業で食べていくのは厳しいかもしれませんが、あくまでも他の仕事をもっていれば生活苦に陥る心配はありません。例えば会社員の方ならば、会社員の仕事を続けながら小説を書き続ける、といったことが可能なのです。現に第一線で活躍しているライトノベルの作者も、本業が会社員であるというのも珍しくありません。むしろ小説一本の方が少ないくらいです。

兼業で小説を書いていけるのか?と、問われればそれは可能です。しかし、時間的なことから考えても、書き続けるのは大変であるというのはよく知られている事実です。

こんなに大変なんて、私には無理……。と思った方もいらっしゃるでしょうか?しかしそう悲観する必要はありません。

逆に考えてみましょう。別の仕事をしていても、小説家になれると考えればいいのです。小説一本に絞る必要はなく、一般の仕事をしながら小説家になれるというのは、プラスの視点からみると大変魅力的ではないでしょうか。

小説家についての基礎知識

http://www.pethoteltokyo.com/
東京ペットホテル