小説の書き方NAVI TOP → 小説家についての基礎知識 小説家になるための厳しさ

小説家になるための厳しさ

いきなりですが、小説家になるには険しい山を乗り越え、自分自身の足で進んでいくような厳しさが存在します。

各出版社の公募に参加し、受賞をする。言葉でいうのは簡単ですが、これが本当に狭き門で、まさに選ばれなくてはいけないのです。

具体的な話をしましょう。出版社によりますが、大抵その公募には千人の人が応募するとします。まず、一次予選を突破するには、かなりの実力者でなければいけません。九割が落とされてしまうので、二次選考への道が開かれるのはたった百人。まず、この百人に選ばれるのが確率的に考えても大変というのが、お分かり頂けるでしょう。

そして二次選考、三次選考、最終選考へと続いていきますが、いうまでもなく王者に輝けるのはたった一人なのです。たった一人の大賞という栄光、千人いたらその千人の中のc純唐ノならなければいけないのです。はっきりいって、一番に評価されるためには、この時点でプロを超える実力がないと厳しいでしょう。

準入賞や特別賞を設けている公募もありますが、それを含めたとしてもせいぜい枠は四つ。千人の中で、たった四つしかない枠を奪い合わなければいけないのです。そして、それに勝利した者だけが、栄光の出版化を獲得します。

中にはプロが応募してくる公募も存在し、素人が太刀打ちするには優れた文章力と人を引き付ける魅力のあるストーリーを書けなければいけません。小説家になるには、厳しい争いを経験しなければいけないのです。

小説家についての基礎知識

カーテン インテリア
モンルーペジャパン